スポーツ

【大阪桐蔭】前田悠伍がイケメンで実力もヤバい!桐の神童とは?

 

2022年の夏の高校野球で最も注目の高校が大阪桐蔭高校ですね。

その中の2年生エースの前田悠伍選手がイケメンで実力が本当にヤバいですね!

今回は、前田悠伍選手のイケメン画像や実力をご紹介します。

また、”桐の神童”という言葉が気になったので調べてみました。

 

【大阪桐蔭】前田悠伍選手のイケメン画像!

前田悠伍選手がイケメンという声も多く、画像を集めてみました。

 

小学校時代です。小学校6年生ごろですが、すでにかっこいいですね。

<出典元 https://twitter.com/myamtan/>

 

中学校時代です。

<出典元 https://twitter.com/akashiyaki_hama/>

<出典元 https://twitter.com/Uematsu51love/>

 

 

 

大阪桐蔭高校の前田悠伍選手です。

<出典元 https://twitter.com/_Tsunakan_1/>

<出典元 https://www.instagram.com/p/CZQXZ1gP2xj/?hl=ja>

<出典元 https://www.instagram.com/p/CWrzYeTJagI/?hl=ja>

【大阪桐蔭】前田悠伍選手実力がヤバい!プロも大注目!

 

前田悠伍選手はプロも注目

前田悠伍選手は2年生ながらエースとなっています。

1年生からベンチ入り。主な全国大会の戦績です。

<出典元 https://twitter.com/f14s_manc/>

 

◆高校1年生
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2021年(2回戦)
明治神宮野球大会(高校野球)2021年(優勝)

◆高校2年生
センバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2022年(優勝)

 

2022年の夏の大阪大会の決勝では、履正社と対戦し、先発8回7安打されましたが、7奪三振と要所を抑え無失点!

 キレのある直球と、スライダー、チェンジアップと多彩な変化球が持ち味です。

最速は148㎞です。

 

なんと2022年の春のセンバツでは、10球団以上のスカウトが見守っていたようです。

2022年の夏の大阪大会の決勝でもプロのスカウトが視察していたようで、ヤクルトのスカウトは「これからも成長を見守りたい」と言っていたようで、大いに期待を込めていたようです。

 

前田悠伍選手の経歴

前田悠伍選手は、滋賀県長浜市高月町重則の出身です。

小学校から野球を始めています。小学校は地元のスポーツ少年団の野球部に入っていました。オリックスバッファーローズのジュニアチームにも所属していました。

中学も滋賀県の地元の「湖北ボーイズ」という野球チームに所属しています。

また12歳以下の世界少年野球の日本代表にも選ばれています。

<出典元 https://twitter.com/nozomilabu/>

 

小学 高月野球スポーツ少年団
ジュニア オリックス・バファローズジュニア
中学 湖北ボーイズ
代表 カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表
代表 村瀬杯滋賀県選抜ゴールド
高校 大阪桐蔭

 

【大阪桐蔭】前田悠伍選手と”桐の神童”とは?

前田悠伍選手と”桐の神童”との関係ですが、2022年の夏の大阪予選で、帽子の裏のつばに書かれた言葉でした。

2022年の春のセンバツでも書いてあったようです。

2021年の秋は、“吠”って書いてたあったようです。

<出典元 https://twitter.com/_Tsunakan_1/>

 

<出典元 https://twitter.com/Ckri37/>

 

なんでもこの言葉は3年生で記録員の吉沢君に書いてもらったようです。

マウンドで強気に攻めるという意味のようです。

 

まとめ

 

如何だったでしょうか?

大阪桐蔭高校の2年生の前田悠伍選手を紹介しました。

2022年の夏の甲子園での活躍が本当に楽しみですね。